モニュメントバレーを後にして、カイエンタまで戻ってきました。

昨日、ガソリンを入れるために立ち寄ったのが、とても昔のことに感じます。

セドナなんてもう、記憶の彼方って感じ。

初めて訪れる場所、初めて見る景色を目の当たりにして、毎日五感をフル稼働しているから、1日の密度が、ものすごーく濃い。



b0162534_22035631.jpg
ドライブのお供は、スーパーで売っている、スタバの甘~いコーヒー。




さて、カイエンタでランチする場所と言っても、目に付くのはファストフードばかり。

マクドナルドかバーガーキングかの二者択一の結果、バーキンに決定~。

何を食べたかは忘れていたけれど、写真を見たらホットドックだったのね。ワッパーはKの。



b0162534_22070896.jpg
なんだかポテトがすごく美味しそうに見える(笑)実際の味は、忘却の彼方。



食べたことよりよく覚えている、印象的な展示物が2つあって、1つは店内のトイレに通じる通路に、ナバホの伝統的な染めの材料である植物と、その材料から染められる色が、額装して飾られていたこと。

この植物からこんな鮮やかな色が染まるのか!と、見ていてとても面白くて勉強になりました。写真撮っておけば良かったなー。


もう1つは、出入り口の横のショーケースに、第二次大戦中の日本軍の旗や遺品らしきものが飾られていたこと。

(なんでこんなものがこんなところにあるの!?)とびっくりして、じっくり見てみたかったのですが、近くに人がいて、なんとなく遠慮してしまい、チラ見して終わってしまいました。

帰国後に調べてみたら、大戦中、日本に解読されない暗号を開発するために、暗号部隊として参戦したナバホの人が持ち帰った、日本軍の遺品だったそうです。

その人物が、この店舗のオーナーなんだとか。追悼の意味で展示しているみたいですね。


戦後70年余り。

まだ70年しか経っていないのに、こうして簡単にアメリカの地を旅行できてしまう今の平和に、改めて感謝します。





[PR]
# by jasmine46 | 2017-03-09 22:12 | 2016年アメリカの旅