冷や汗をかいたお話

b0162534_13112965.jpg



概ね順調だった旅ですが、ちょいちょい冷や汗をかくような事はありました。

「終わりよければ全てよし」とは言うけれど、こうして無事に帰ってきてから、

思い返してはドキマギしてます。



『空港で迷子になった話』


これは行きのロスとラスベガスの空港での話。


ロスでは、入国して荷物をピックアップした後、ラスベガスへの乗り継ぎのターミナルがわからず、ウロウロウロ・・・。

(利用航空会社はアメリカン)

案内表示も出ていないし(気付かなかっただけ?)、全然わからなくて、セキュリティのおじさんに聞いて解決。

到着したターミナルを出て、隣のターミナルまで徒歩移動でした。

しょっぱなの洗礼にやられた。。。この時点で、早くも日本語が恋しくなる(笑)



お次は到着地のラスベガス、マッカラン空港で。

飛行機を降りた後、トラムに乗ってバゲージクレームのあるターミナルへ移動したのですが、

私達は何も考えず(←この時点でアウト)、人の流れのままに、目の前にやってきた「Red Line」と書いてある

トラムに乗って、ターミナル3に到着。


バゲージクレームのエリアはすぐ。

しかーし、待てど暮せど、荷物が出てこない。

ターミナル3到着表示にも、自分達の飛行機が表示されない。

なんでー?!

空港の人を探すも、なかなか見当たらない。内心かなり焦り気味。


ひたすらウロウロしていたら、同じ飛行機だった人が同じように迷っている様子だったので、

ちょっと離れて後をついて行く。

結局外への出口付近までたどり着き、そこに居た空港の人に聞いているのを聞きかじった結果、

航空会社ごとに利用ターミナルが違い、アメリカン航空はターミナル1だったことが判明。

ターミナル1へは、Red Lineではなく、Blue Lineに乗らなければならなったのです。あちゃー。


そういえば到着後の機内アナウンスで「Blueなんとか」とか言っていたような気もする・・・

と、気付いたときには後の祭り。

目の前に来たRed Lineに、何も考えずに乗ってしまっていたのでした。


なまじ座席が前列だったため、自分の飛行機ではなく、他の飛行機から降りてきた人の波に流されたわけです(と言い訳)

同じように迷っていた人は、機内で通路挟んで隣の席の人でした。

(プラチナブロンドの超美人だったから、よく覚えていた笑)


ターミナル3から元のゲートまで、トラムで戻ることができませんでしたが、

ターミナル間を連絡するシャトルバスがありました。

外に出てバス停に向かったら、同じような人が結構たくさんいて、ホッとするやら、笑ってしまうやら。

バスの運転手さんは「君たち全員、ターミナル間違えちゃったのかい?!」みたいなツッコミを入れてくれ、

全員で「その通り!」。

そして爆笑。妙な連帯感が生まれたのでした。


無事にターミナル1へ到着し、ターンテーブルへ行ってみたら、少なくなったスーツケースが、

寂しげにカタカタ回っておりました。

この時、深夜1時。。。荷物、残っててよかった。。。疲れた。。。



単に下調べが足らなかった、ということなんですが、日本空港の案内表示の親切さが、

しみじみと懐かしくなりました。

(帰国時に空港で確認したら、Red LineBlue Lineの案内表示はありましたです。恥)


なお、この記事を書くにあたりちょっと調べたら、「ラスベガス大全」に、トラム移動についてのコラムがありました。

同じように迷う人、多いのね(苦笑) そして、(あたりまえだけど)下調べって、超~大切。。。


冷や汗をかいたお話は、次回へ続く。




[PR]
by jasmine46 | 2016-10-30 16:00 | 2016年アメリカの旅