3日目 Page~Monument Valley Part I



3日目の朝です。


昨日チェックインした際に、フロントで気が付いた注意書き。

「スムーズに朝食を食べたいなら、AM6:007:00、もしくはAM9:00以降をお勧めする。AM7:00AM9:00は混雑しているので、テーブルに着くのに時間がかかるだろう。」

うろ覚えですが、こんなようなことが書いてあったので、5:30に起きて、6:00には朝食へ向かいます。


朝食のエリアは、座席も含め広くとられていて、昨日までのホテルとは雲泥の差です(笑)

メニューも充実していて、スクランブルエッグ、ポテト、ベーコン、ハム、ソーセージ、チーズ、パン、デニッシュ、バナナ、ヨーグルト等はもちろん、シェフがパンケーキを焼いてくれるブースまでありました。

(でもわたし達が行ったときには無人で、食事を終えた頃に登場。残念。)



b0162534_19533596.jpg
パンにハムとチーズを乗っけたのが、一番美味しかった(笑)
野菜は夜ごはんに食べていたので、思ったよりも野菜不足にならずに済んだ。



食事しながら、今日の行動予定をおさらい。

まずAM8:00までにアンテロープキャニオン(アッパー)へ行く。もしツアーの当日受付も撃沈したら、ロウワーへ行ってみる。

その後、ホースシューベンドへ行き、モニュメントバレーへ向かう。


前回のブログでは詳しく書きませんでしたが、実はアンテロープキャニオンは2箇所あって、それぞれ「アッパー・(アンテロープ)キャニオン」と「ロウワー・(アンテロープ)キャニオン」と呼ばれています。

テレビや雑誌などの写真で目にするのはアッパーの方であることが多く、観光客が訪れるのも、ほとんとがそちら。

太陽が真上に位置した時に、太陽光がすーっと差し込む、アンテロープキャニオンと言えば!の、幻想的な風景を見ることができるのもそうだし、わたし達が昨日ツアーを申し込みに行って、あえなく散ったのも、アッパーへのツアー。


一方のロウワーは、階段で地下に降りて見学する峡谷で、アッパーほどメジャーではなく、直接現地に行けば、30分おきに出発しているツアーに申し込みができるのだそう。

アッパーの現地申し込み枠も混んでいてダメだったら、ロウワーに行くことにしようと、昨日話して決めていました。

(両方行けたら良かったし、どちらにも所要時間2時間半のフォトツアーっていうのがあって、Kは行きたそうな感じだった。いつか行こうね!)




朝食を済ませて部屋の荷物をまとめたら、今日もサクッと出発です。

地図を見ても東西南北の方向がぐちゃぐちゃになってしまうわたしに比べ、Kはどこに行っても「ここは地元ですか?」と言いたくなるくらい地図を読むのが上手なので、初めての場所でも安心して車に乗っていられます。(笑)



b0162534_19562019.jpg
アンテロープキャニオンへの目印となるのが、3本の煙突が印象的な、ナバホ火力発電所。
進行方向右手が、アッパーへのツアーの受付場所。更に進むと、左手にロウワーへのツアーの受付が。




アッパー・キャニオンの入口に、無事到着。


b0162534_19571117.jpg
着いた!!




8時少し前に着いた時には、何台か車が待機していて、8時に入口ゲートが開きました。

導かれるまま駐車場に車を停め、掘っ立て小屋のような受付に向かうと、ツアー担当者らしき人が何人かいたので、「ツアーに申し込みたい」と声をかけると、「OK。受付開始時間まで、座って待ってて。」と言われました。


よかったーー!!当日受付で大丈夫だったね!!!

ホッと一安心。


わたし達の車の前にいた人たちも、後から続々と到着する人たちも、みな当日申し込み。びっくりする位、たくさんいました。

こんなにたくさん、大丈夫かいな?と思いましたが、集まった人数によって、出発する車の台数を決めているように見えたので、現地に行けば当日受付でも観光できるようです。

しばらく待っていると、「受付するから、こっちに並んで」と声をかけられ、代表者がズラーっと並びます。

受付には2人いたので、並んだ人全員をさばくのにも、そんなに時間はかからなかったような。



b0162534_19592066.jpg
受付する人々。



わたし達は最初の回(8:45発)を申し込み、現金で支払を済ませました。

(カードも使えると書いてあって、こんな場所でもカードが使えるのかー、と感動した。けど現金払い。笑)



b0162534_20000589.jpg
2016年10月時点でのツアー料金。鞄等の荷物は一切持ち込めないとの注意書きも。




8:45の次は10:00発(だったかな)、それ以降の回でも、希望の出発時間を選択できるようでしたが、並んでいた人は全員8:45発で申し込んでいたような。

太陽が真上に来たときに差し込む光を見たければ、お昼の回で行くのが必至らしいですが、冬期(10/83/14)は、お昼でも太陽が真上に昇らないため、その風景は見ることができないそう。残念!

とりあえず無事に申し込みできたことに安堵し、ワクワクしながら出発を待ちます☆



b0162534_20013279.jpg
みんなソワソワ、出発が待ち遠しい、の図。







[PR]
by jasmine46 | 2016-12-08 22:00 | 2016年アメリカの旅